スカパーオンデマンドの特徴や口コミ

スカパーオンデマンドの特徴や評価・口コミ

見たい番組を自分で自由に選べる!

 

スカパー!はサッカー・野球・音楽・映画など約70チャンネルを楽しめるサービス!
スカパーオンデマンドに加入するなら、まずスカパーに加入した方が絶対にお得です!

 

  • 評価点:
  • 月額料金:プランによる
  • 配信ch:約70チャンネル
  • 無料情報:加入料3,024円0円!

 

⇒「スカパー」の公式サイトはこちら

 

スカパーオンデマンドの特徴

スカパーオンデマンドは、スカパーの人気チャンネルが、スマホ・PC・タブレットなどで楽しめる、ビデオオンデマンドサービス。

 

スカパーに加入中なら、ご契約のチャンネルを無料で視聴出来たり、割引で購入することもできます。スカパーに未加入でも基本料無料で会員登録することができ、無料番組や見たい番組を個別に購入することで、動画を楽しめるようになっています。

 

スカパーオンデマンドでは、対応端末の中にテレビが入っていないため、「大画面で見たい」方はまずスカパーに加入するのがおすすめ。

 

スカパーに加入し、見たい番組を契約することで「スカパーオンデマンド」でも無料で視聴できるようになります。※一部割引購入の番組あり

 

 

スカパーオンデマンドの体験談:Rさん・女性

どこでもスカパ−だけの放送がリアルタイムで見れるオンデマンドの凄さ

私がこのサービスを利用した理由、それはスカパーオンデマンドというより、なぜスカパーなのかということが先に来ます。

 

スカパーの素晴らしさは、そのチャンネルの多さにあります。なんと、3つのサービスを提供しており、一般的なサービス「スカパー!」の一つを取り上げても、69チャンネルと豊富なチャンネル数があります。

 

そして、「プレミアムサービス光」では156チャンネル「プレミアムサービス」では160チャンネルとちょっと見切れないほどのチャンネル数があり、誰が契約しても必ずお気に入りのジャンルが見つかります!

 

ある人はスポーツを楽しめるし、またある人は映画やドラマ・アニメを楽しみ、また別の人はドキュメンタリー、公営競技などを楽しむことが出来ます。

 

 

あらゆる趣向に対応できるのが、スカパー!の大きな強みの1つと言えます。特にスポ−ツは生中継が売り物でもあり、リアリティと臨場感が違います。

 

というのは、地上波で放送されるスポーツは相撲やプロ野球の一部、または国際大会などのビッグケ−ムに限られてしまいます。しかしスカパー!では、コアなマニアも納得するスポーツの生中継がガンガン流しています。

 

具体的には、J1リーグは全試合生中継、J2リーグも全試合放送(一部録画)、他にもJ3リーグやナビスコカップ、お正月の天皇杯を放送して、スカパ−でしか見れない放送を見ることが出来るのです。

 

 

そんなスカパ−ですが、アンテナにつながった自宅のテレビでしか見ることは出来ません。

 

そういう場合に備えて録画して対応するということが行われますが、スポ−ツ放送等のリアルタイムでの臨場感がたまらないジャンルでは、この手法もいまいち盛り上がらないものになってしまいます。

 

その為、移動先でスカパ−のスポ−ツ放送を見れたらとずっと思っていました。まさか、携帯テレビに衛星電波を受けるアンテナを装着して持ち歩くわけにはゆかないので困っていたところに、待望の【スカパー!オンデマンド】が登場したのでした!

 

良かった点

「スマートフォンやタブレットなどでも視聴が出来る点」がスカパー!とは大きく異なっています。ほんとにIT時代に生まれてよかったと思いました。

 

わかりやすく言うと、テレビがなくても視聴が出来るというのが可能ということが最大のメリットです。仮にアパート等にお住まいの方でスマートフォンしか使わないような人であっても、スカパー!オンデマンドなら、好きなチャンネルやジャンルの番組などを見るれのです。

 

悪かった点

スカパ−に入っていたら、無料ですべてのスカパー!オンデマンドを楽しむことが出来たらいいのにと思いましたが、一部の番組では費用が発生するので少しつらいところです。

 

 

まとめ

スカパーに加入していれば人気のVODなどのサービスが無料や割引特典で利用できるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

いつでも、どこでも、サッカ−の試合がリアルタイムで見られることと、媒体を問わずに放送が見れることは本当に便利です。

 

いまのところスカパーオンデマンドはテレビに未対応なので、外でも家でも見たい!という方はスカパー加入後にスカパーオンデマンドの利用をおすすめします。

 

⇒「スカパー」へのお申込みはこちら

合わせて読まれている記事